2011/07/25の出来事

朝。

いつもお世話になっているハナさんから訃報が届く。

預かっていただいて、そのまま家族として迎えてくれたふわふわが、亡くなってしまいました。

ふわふわには、たくさんの方々から里親さん希望のお声がかかりましたが、今一歩のとこで決まらず、ハナさんにお願いする事になったのです。

預かっていただいて間もなく、
体調が悪くなり始めました。

ハナさんそれを承知で、ぜひ最後まで一緒にいたいと言ってくださいました。

ハナさんに迎えてもらってからは、いつもとっても楽しそうな顔をしていました。
通院や介護、大変だったと思います。
ハナさん、最後まで一緒にいてくれて、しあわせにしてくれて、本当にありがとうございました。

その夜。
その日はたくさん吐いて、食事もできなかったバフィー。
せめて、と思い注射を受けに病院へ。
帰りの車でもとてもつらそうだったのですが、なんとかなだれ込む様に到着。
その後すぐに、息を引き取りました。

次の日。火葬場へ向かいました。

駐車場に着くと、ご家族連れが煙突を見つめてペットの帰りをいました。
そこは市のペット火葬場で、葬儀所ではありませんが、ご家族は揃って喪服を着ていました。
家族として、大事にしてきたであろうと、伝わってきました。

バフィーにも、あんな家族がいたらよかったのにな。

病気になること
歳をとること
思い通りに行かないこと
それらは、動物を飼ううえで、いたって普通のことです。

センターには今日もたくさんの動物たちが収容されています。
次回はセンターの様子も報告致します。

Bookmark this on Yahoo Bookmark

2 Responses to 2011/07/25の出来事

  1. れいろらん says:

    ふわふわちゃん、バフィーちゃんは病の苦しさの中でも、自分たちのそばにいてくれる愛を知って嬉しかったに違いありません。でも本当は生まれた瞬間から大切にされるべき命。私達、人間にとって大切なパートナーとして、最期まで共に生きるべき命。私もセンター犬だった「ぽぽ」から生き抜く力やまっすぐな思いを教えてもらっています。

  2. KDP says:

    れいろらん さま

    こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    先日も、どうもありがとうございました。

    バフィーもふわふわも、かわいがられていた時期があったようなので、捨てられた時の事を思うと…。
    後ろ向き発言ですが。

    私も、日々たくさんの事をみんなに教えてもらっているし、もらっていると思います。
    知れば知るほど、守るべき存在だな、って思います。