2011/11/13 KDPじょうとかい!+ご報告! 1

13日はものすごーく良いお天気の中、

KDPじょうとかいが行われました!

今回はその報告、と思いましたが、その前に里親さん宅へ迎えられた犬たちのご報告が

まだだった事を思い出しましたので、そちらを先に!

 

まずはいがぐりくん!

横須賀のやさしいやさしいお母さんの元へ!

新しい名前は、アイドルからつけるそう…。

とってもやさしいお母さんなので、しあわせまちがいなしです!

 

続いてくりこ!

くりこのお宅の先住犬は、なんと、どっすん!

どっすんを連れて遊びに来てくれたじょうとかいでくりこに出会い、

もう先がそれほど長くないくりこをぜひ、とおっしゃってくださったのでした。

先は長くないかもしれない、一緒に過ごせる日々は少しかもしれない。

けど、一緒に居る時間を楽しく過ごすこと、

それが老犬たちにとって大切な事です。

くりこはとっても良い子なので、本当にうれしいです。

マフィン(どっすん)ともうまくやっているようです。

本当にありがとうございました!

 

そしてそのご近所に、てん!

とっても良い子のてんは、とってもすてきなご家族に迎えられました!

終始しっぽを振り続けるてん。

よかったよかった!

てんもほんとうに良い子だったので、ステキなご家族に出会えてうれしいです!

 

 

そして最後はころ!

ころは、福島の被災犬です。

飼い主さんが泣く泣く手放しました。

新しい飼い主さんは、1人暮らし。

でも、ご近所さんたちととても仲が良く、みんなで一緒に飼う様なイメージ。

調子のわるい時には、お散歩を変わってもらったり、

おるすばんを頼んだり。

おとうさん、おかあさんが何人もいる感じ!

すでにたのしそうなころ。

 

お宅にお邪魔して、まずは先代犬の写真。

多くの里親さん宅には、先代犬に写真やお骨、御墓があります。

この日も、お墓にお邪魔させてもらって「ころをよろしくおねがいします」とお願いしてきました。

手厚く、最期まで、それから最期の先も、ずっと見守られる。

みんなに、そういう未来がほしい。

 

 

先代犬の写真を見て、微笑みながら、涙する。

飼い主さんは、みんなそうです。

それが当たり前で合ってほしい。

 

 

 

つづく!

 

 

 

 

 

Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed.