2012/04/30 里親さんに迎えられました

今日は曇りです。
この時期ってこんなだったっけ??と思ってしまいますが、
人間ってそういうものですね。
いいことばかり覚えていたりしますね。
犬もそうだったらいいです。
割と、かなしいできごとを覚えていたり。

数頭、里親さんに迎えられました。

みんな、早くかなしいできごとは忘れて、たのしい記憶で頭の中をいっぱいにしてほしいです。

 

最近里親さんに迎えられたのは、よこちゃん、茶太郎、ノリス、そしてぽんちゃんです。

 

よこちゃんは年齢も若く犬種柄走ったりするのがとても好きなので、毎日マラソンをするような方に、と思っていました。
また、性格もよく他の犬ともよく遊ぶので、できれば多頭飼いのご家族のところに行けたらいいな、とも考えていました。
そして丁度、思い描いていた通りのご家族のもとへ迎えられました!

イメージと合うご家族に届ける事は、犬にもご家族にも良い事だと思います。
もちろんそこからまた、「ひとつの家族」になるための日々を送る訳ですが、
お互いのスタイルに、なるべく無理のないように心がけています。

よこちゃん、これからは、たくさん甘えてたくさん走ってしあわせになってね。

 

 

そして、ノリス!!

ノリスは、菊池が昔からお世話になっているご夫婦のもとへ迎えられました!

どんな様子だったかというと…

 

言うまでも、無いようです。

里親さんとしてノリスを迎えて下さったほか、年末のカレンダーの販売のご協力や、
先日はチャリティーマーケットも開催してくださいました。
いつもありがとうございます!!

BONE FREE WORKS
http://bornfreeworks.com/

LONG TRACK FOODS
http://longtrackfoods.com/
新しい名前を貰って、たのしく、おりこうに、幸せに暮らしているようです。
良いご縁を、どうもありがとうございました。

 

次は、茶太郎と、ぽんちゃん。

迎えられた数日後。ご家族と一緒に、お花見。

チョコレート色のラブの、茶太郎。
長く、センターに収容されていました。
ストレスからか、ゴハンを与えられていてもがりがりにやせ細ってしまいました。
大きな体なのに、センターから引き出された当時は30kgを下回っていました。

ぽんちゃんは、「飼い主死亡」の為、センターに収容されました。
とてもかわいい子なので、かわいがられていただろうと思います。
センターから来る犬によくある、「人がこわい、犬がこわい」と言うのが無いのがその証拠です。

このニ匹は、KDPのお山にではなく預かりさん宅で里親さんに迎えられるまでを過ごしました。
ニ匹とも、預かりさん宅で過ごすうちに徐々に顔つきが柔らかく、かわいらしさが増していきました。

預かりさんの存在はKDPにとってとても重要です。
個々の性格や体調管理などもしっかり見てもらえるほか、大勢が暮らすお山よりも、恐がりな子や神経質な子でも本来の自分を出すことができたり、里親さんに迎えられた後のケアなども充分にできるからです。
もちろん、犬にとって大切な愛情面もです。

 

よくご質問として、里親さんに犬を出すのはさみしくないのか、と聞かれます。
それはもちろんさみしいです!
大切に思っている子たちです。
もし里親さんが見つからなければ、最後まで面倒をみることを考えて迎えている子たちです。
それは預かりさんも同じで、自分のそばからいなくなってしまうのは、とてもさみしい事です。

ですが、里親さんとは犬が死ぬまでの長い間のお付き合いをさせていただきます。
譲渡した後も、ずっと見守り続けます。
自分のすぐ隣にいるか、里親さん宅に居るか、ただそれだけのことです。
そして里親さんに迎えられた「かわいい子」と同じ様にかわいい子が、
センターにはたくさんたくさん待っています。

みじかい間でしたが、「我が子」として一緒に過ごしてくださって、どうもありがとうございました。
そして茶太郎とぽんちゃんの新しい「家族」の皆さま、どうぞよろしくお願い致します!

 

KDPにはまたセンターから新しく犬たちが来ました。
そのご報告は次回。

「かけがえのないパートナー」になれる子たちです。

どうぞよろしくお願い致します。

 

***************************

 

センターから保護してくる犬たちの中には、
重い病を抱えている子、妊娠を理由に捨てられる子、
ガリガリに痩せ細った子、
そして老犬。
普通では考えられない様な理由で捨てられたと思われる子たちが
後を絶ちません。
病院通いを続ける子や、毎日の投薬など、
犬たちのケアには膨大な医療費がかかります。
心のケアが必要な子も多く、里親さんに迎えられるまで、長く時間がかかる子もいます。数ヶ月、1年かけて、やっと人に慣れていく子も多いのです。

誰かに捨てられて、殺処分が目前だった犬たちに、
どうぞご支援をよろしくお願い致します。

一口3000円からお願いしております。
3000円で、フィラリアと便の検査を受ける事が出来ます。
9000円で、犬たちの一日のフードを賄う事が出来ます。
皆さまの温かいご支援・ご協力を、お待ちしております。

 

横浜銀行  葉山支店
普通口座 6008989
KDP 会計 松崎麻由

 

 

 

Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed.