雨のち晴れ!!

皆様こんにちは。KDPstaff kayoです。
日曜日、朝方まで雨。
でも、今日は譲渡会。もしかしたら・・・。中止になってしまう。
そんな不安を思いながらお日様は味方してくれました。

みんなにちゃんと光を差してくれました。
そして、譲渡会開催の後、もくもくと雲が広がり雨。
きっと、お日様もみんなの良い出会いを応援してくれたのでしょう。

お天気も味方してくれた中、今回も株式会社オオバ様のもと、無事に譲渡会を開催することが出来ました。
場所を提供して下さっていますオオバ様、そしていつも自分たちのお休みを削り、朝早くからお手伝いして下さっています皆様
本当にありがとうございます。

皆様のご協力のお蔭でみんなに光を当ててあげられる場所『譲渡会』が出来ています。
心より感謝致します。

そして、神奈川県動物保護センターの所長様が顔を出して下さいました。
お忙しい中ありがとうございます。そしていつもお疲れ様です。

今回は、老犬も含む12頭が参加しました。
ぷちょお、マルコ、マック、みゃーみゃー、お母さん、シシオ、こじろう、ヤキイモ、だいちゃん、バービー、岩男、バドです。

今回も素敵な写真を撮って下さったY様、Mchan、お手伝いしながらも沢山の写真をありがとうございます。

K様のお野菜達も売れ行き上々!!
お手伝いのきれいな売り子さんNさん、Mchanが頑張ってくれました。
お野菜をご提供下さっていますK様いつもありがとうございます。

そして今回、譲渡会に来て下さった皆様方は真剣に家族に迎え入れる事を考えて下さいました。
犬が好きだからは勿論ですが救いたいという気持ちで・・・。

そのご家族にも良いご縁を。そして皆様にも良いご報告が出来るようにと願います。

そして今回は老犬達も参加したのには理由があります。
老犬たちは若い子に比べ確かに寿命は短いかもしれません。けれどその子達にも若く元気な時期もありました。
そして、逆に今若い子達もいずれ『老犬』と呼ばれる時期は自然ときます。
生まれた順番が早いだけで自然の事です。
自分がおばあちゃんやおじいちゃんになるのと同じです。

病気は年をとっていても若くても関係はないのです。
けれど、年をとって捨てられた子にはどうしても寿命や病気なども考えお声がかかりにくいのは事実です。
でも、年をとればとったで良いところやかわいさは沢山あるのです。
そして老犬たちも毎日を大切に生きています。
死んでしまうのは寂しい。それは人として正しい気持ちだと思います。

でも、早く死んでしまう、寂しいという気持ちを先に考えるよりもその子と過ごせる時間を楽しみそして自分を手の中で看取ってあげられるという事は
逆に自分にしか分からない幸せがそこにあるのではないでしょうか?

そして、一番の願いはお山は決してみんなの最後のおうちではありません。
新しいご家族の元へ行き、のんびりと過ごしまた新たな犬生が始まり初めてその子が幸せになれます。
皆様の一歩が多くの子達の幸せにつながります。
皆様よろしくお願い致します。

今回も沢山の物資、募金箱¥24342を頂きました。温かいお気持ちをありがとうございます。
大切に使わせて頂きます。
そして、お手伝いして下さっている皆様。
4SOX ドックデーサポート様 http://dog-day-s.com/
の皆様いつもありがとうございます。
次回の譲渡会は2月9日㈰湘南国際村です。
皆様のお越しをお待ちしております。

                 KDP DOGS!!

 

Bookmark this on Yahoo Bookmark

2 Responses to 雨のち晴れ!!

  1. zukky says:

    いつも笑顔で、ありがとうございます。
    平塚の鈴木です。
    若い二人を世話していただき、ちょっと後ろめたい気持ちでおります。
    子供は初め、思うに「説明するのが恥ずかしい」という気持ちで、千里をお預かりすることを拒んでおりました。
    でも今は子供も、、「本名は、千里クリステルなんですうう。」ってことからいろいろお話しをしております。

    同じ命。感じて欲しいものですね。

    • kayo says:

      鈴木sama
      こんばんは。いつもありがとうございます。
      そして、チサトを幸せにしてくれて本当にありがとうございます。
      チサトは私がお山に来た頃、初めて包帯を巻き手当てという事をした思い出もある子であり
      大好きな子です。
      いつも、前足をなくしてからもほかの子と変わらない速さでピョンピョンと後ろをついてきていました。

      そして、鈴木samaのお家に譲渡させて頂き何か月か経ちチサトがお山に遊びに来てくれた時、
      嬉しそうにしていたけれど帰りは『じゃぁね』と言っているように帰っていきました。

      嬉しいのに寂しい・・・。
      でも、幸せだという証拠です。
      これからもおてんば娘をよろしくお願い致します。