Monthly Archives: 2018年 10月

色んな心。

今年は梅雨が短く、いつも感じる夏はとても短いのに、少しだけ長く夏を感じられても、少しずつ秋の気配を感じたり、寒くなると夏好きの私はやっぱり寂しく感じます。

皆様こんばんは。KDP Kayoです。
いつもよりも一段と暑かった夏。
皆様季節の変わり目、夏の疲れが出る頃体調管理にお気をつけ下さい。

この何ヶ月をまたぎ、新たにお山を卒業して行きました子達。
みんなそれぞれのご家族と共に幸せな生活がスタートしました。

《フランクリン父》

体格も良く見た目もカッコイイ。
そんな男の子だけれど、人も大好きで、どんな犬とも仲良く出来優しい子。
そんなフランクリン父を家族に迎えて下さったご家族。
譲渡会に来て下さり、一目でフランクリン父を気に入って下さったご家族のお家は、幼稚園を経営されているとても素敵なご家族です。
そして、フランクリン父は、今新しい生活の中で、毎日一緒に幼稚園へと行き、園児達と共にある意味「先生」となり、とても沢山の子供達や、沢山の周りの方に愛されています。
フランクリン父は元猟犬。
でも今は、人と共にとても穏やかに共存出来る生活を送っています。
その生活をフランクリン父に与えてくださったのは、ご家族の皆様です。
Sご家族様。
フランクリン父。
毎日とても良い顔をしています。
キラキラしてます。
そんな幸せをありがとうございます。

《ミケ》

容姿がとても綺麗なミックスの女の子。
お山に来た頃は、少し怖がり、でも気が強い所も沢山ありました。
そんなミケは、譲渡会に参加をなん度もしていましたが、なかなか良いご縁には結び付けず。
ご縁は、結ぼう結ぼうと思っても結べるものでもなく、じっくりとその時が来るまでと私は思っています。
そして…。
ある日の譲渡会に来て下さったご夫婦。
とても可愛い先住犬を連れていらして下さいました。
「この子なら大丈夫かも…。」と思い何頭かおススメさせて頂きました。
そして、ご家族で沢山考え、ミケをご家族に迎えて下さいました。
先住犬の子とも仲良くやっているミケ。
少しずつ少しずつ家族になっていってね。
Kご家族様。
ミケをご家族に迎えて下さりありがとうございます。

《ジョック》

真っ黒に日焼けをした、転んで膝にかさぶたを作っても、笑って遊びに行って木登りしてる様な少年の様な男の子。
人がとにかく大好きで運動神経は抜群に良いです。
お山に来た頃は、まだあまり社会性がなく、犬付き合いはあまり上手い方ではありませんでした。
けれど、彼は彼なりに色んな事を学ぼうと頑張っていたと思います。
譲渡会に行っても、色んな方に会える事が、彼は凄く楽しかった様に見えました。
そして、ジョックを迎えて下さったご夫婦は、お山からもお家が近く、ジョックをとても気に入って下さりご家族に迎えて下さいました。
そして、どの子もそうですが、心配事はないと言えば嘘になる。
でもその心配事も、頭の良いジャックはちゃんと自分に家族が出来た事を理解し回避しています。
そこには、ご夫婦の努力があってこそです。
Mご夫婦様
ジョックをご家族に迎えて下さりありがとうございます。

<ウミ>

お山に来るまでに、ウミは一人の男性しかほぼ知らず、人にはほとんど慣れていない子でした。
男性の方が比較的慣れるのは早く、けれど、諦めずそんな時は犬から寄って来てくれるのをじっと待つのみです。
そして、段々と慣れて来た頃に、一緒にお散歩に行き、信頼してもらい、少しずつ譲渡会に慣らしていき、色んな方に触れられ少しずつ少しずつ踏み出していきます。
こういう子は、決して人が嫌いなわけでもなく、信頼できないわけでもなく、どう接して良いのか自分なりに頑張っているのだと思います。
だから、こちらも無理に早く慣らせようとせず、時間をかけ絆を深めていく事が大事です。
お互いのその頑張り努力が、きっと時間がかかってもちゃんと形になるからです。
そして、ウミもだいぶん譲渡会にも慣れ、まだまだ初対面の方には警戒している様な様子はありますが、自分からアピールしたりする姿もあり随分と積極的になりました。

そして、ある日の譲渡会にいらして頂きましたご家族は、他の犬達は見ず、海を目的にいらして下さったご家族でした。
積極的になったとはいえ、慣れるまで時間がかかることなど、全てお話をさせて頂き、ご家族で沢山話し合って頂きウミを譲渡させて頂くことが出来ました。
譲渡したその日は、ほとんど固まっていたウミ。
でも、ご家族も無理のないように、ウミも無理がないように少しずつ少しずつ距離が縮まってきています。
ここにも、ご家族がウミと家族になっていく努力があるからこそです。
Kご家族様。
ウミをご家族に迎えて下さりありがとうございます。
ウミ良かったね。おめでとう。

《ロビン》

センターから来たその日から、ずっとお山にいた様な人にも、犬にもとても性格の良いセターの男の子。
性格も明るく、穏やかで、優しく無駄がない子です。
そんなロビンは、昔からお世話になっていますご夫婦。
保護犬を何頭も保護し、家族に迎え、幸せにして下さっているご夫婦です。
犬に対する知識、愛情は本当に凄いなと思えるご夫婦です。
KDPからは、2頭目の子になります。

そして、「うちに合いそうな子はいますか?」とお声をかけて頂き、今現在の先住犬の子3頭ともすぐに仲良く出来そうな子。
実際にロビンを見て頂き、ご夫婦共にとても気に入って下さりご家族に迎えて下さいました。

お山に来た時と同じ。
譲渡させて頂いた日からなんの違和感もなく、先住犬の子達とも仲良く暮らしています。
Nご夫婦様。
いつもありがとうございます。
そして、ロビンを迎えて下さりご家族にして頂きましてありがとうございます。

《ドロンジョ》

容姿が綺麗な女の子。
譲渡会に行っても、その容姿がとても人気がありました。
人がとにかく大好き。
小さなお子様がいるご家庭でも、安心して譲渡出来る子です。
しかし、ひとりぼっちになるのは得意ではなく、なるべくお留守番が少なく過ごせるお家が、ドロンジョにとっては一番合っている気がしました。
一頭一頭それぞれ、苦手な事があったり、どんな生活が一番合っているのか?
毎日共に生活していく中で、お互いがなるべく無理が少なく過ごしていける事が一番生活していく中で大切だと思います。
けれど、ただただそこだけに重点を置くだけでは、いいわけではなく、それを踏まえていける事が良い方向へと向いていくと思います。
ドロンジョを迎えて下さったご家族。
色んな事を踏まえてご縁だなと思い、譲渡させて頂く事が出来ました。
Aご家族様。
ドロンジョをご家族に迎えて下さりありがとうございます。
家族になったその日から色々な事を教わっているドロンジョ。
これから沢山幸せになって下さい。

<ベベジュン>

お山に約1年ちょっといたべべ。
来た頃から、少し年齢はいっているものの、生活はのんびり。
とても穏やか。
あまり人に依存する事もなく、その場にいれば、周りが和んでしまう様なオーラのある女の子。
ご飯も大好き、ソファーが大好きな、ただただいるだけで可愛い子です。
お山は、普通のご家庭より、我慢する事も多く、のんびり出来る事も少ないと思います。
そんな中でも、べべは常にマイペースで過ごしていました。
でも、きっと我慢している事もあるだろうね。
暑い夏の譲渡会は、べべの年齢や歩く距離なども考えおやすみしていました。
そして、少しずつ涼しくなって来た譲渡会に再び参加。
久しぶりに参加した譲渡会。
ご縁はある時は、ポンと現れるんです。
「今日べべちゃんはいますか?」と会いに来て下さったご婦人。
今までも、保護犬をずっと飼い、とても大切にされていた方です。
ご自分の年齢、そして犬の対する思い、色んな事をお話させて頂きべべちゃんを譲渡させて頂きました。
そのご婦人の考えと人柄、生活がとてもべべと合っているなと思いました。
みんな普通に考えると、若くて元気な子が良いと考える方が多いと思います。
けれど、一緒に生活をしていく中で、自分に合う犬を色んな目線から見て選んでいく事は、とても素敵だなと思いました。
みんな人も犬も生きていれば順番に年を重ねていく。
年齢は、それが早いか遅いかだけです。
N様
べべを家族にしてくれてありがとうございます。
そして、べべこれから沢山の良い日を過ごしてください。

譲渡していく中で、みんな一頭一頭違う犬。
見た目も違えば、性格だって違う。
そして、その一頭一頭の家族になって下さるご家族もそれぞれに違う。
でも、共通する事は、みんな犬が来たことによって、
犬は自分達の本当の家族が出来た事によって、少しずつ絆が生まれそこに「幸せ」が生まれる事です。

その幸せを生み出せるのは、ご家族と犬との毎日の暮らし。
その導きをお手伝いさせて頂く事により、こちらは自然と幸せな気持ちを貰います。

色んな事が、色々なご縁を結び、元々は「保護犬」と呼ばれる犬達はいなくていいのです。
けれど、自分が飼っていた犬達を捨てる事だけを考えれば、頭にくるけど、こうして生まれたご縁はきっと捨てられた悔しさよりも、きっと何倍も幸せな事です。

こうしたご家族の皆様達ばかりだったらきっと捨てられる子達はいないでしょう。
そんな世の中がちゃんと未来にありますように。

                         KDP Kayoko Shimada

コメントは受け付けていません。   |  posted on kayo